パソコン教室 PCアカデミーオーシャン パソコン資格 神奈川県 小田原市 開成町

就職・転職・職業にパソコンスキルアップ

パソコンスクールPCアカデミーオーシャンは
受講生のパソコンスキルアップと各種資格取得を応援します。

マイクロソフトオフィススペシャリストとは

Microsoft Office Specialistとは、マイクロソフトのOffice製品に含まれるExcelやWord、PowerPointなど、あなたが日頃使っているアプリケーションソフトの利用能力を言葉でなく資格として証明できる株式会社オデッセイコミュニケーションが実施している資格試験制度です。

『Excelが使える』、『Wordが使える』と言っても、どれだけ使いこなせるかは表現しづらいもの。Microsoft Office Specialistは実務で求められるスキルを客観的に測る指標として、世界各国で実施されている実技試験です。合格者には世界共通の合格認定証がおくられます。世界中、どこにいってもあなたのパソコン実務能力を証明してくれます。

マイクロソフトオフィススペシャリスト「スペシャリストレベル」:ソフトの基本的な機能を効率よく利用して一般的なビジネス文書やスプレッドシートを作成し、その変更・印刷等の作業を行うことができるレベル。

マイクロソフトオフィスのバージョン2010と2013にてワード・エクセル・アクセス・パワーポイント・アウトルックの5科目の資格取得講座があります。

マイクロソフトオフィススペシャリスト「エキスパートレベル」:一般レベルで要求されるソフトの基本的な機能を十分理解した上で、用途や目的に応じて、環境設定・デ-タの有効活用等の高度な機能を駆使した作業を行うことができる。

マイクロソフトオフィスのバージョン2010にてワード・エクセルの2科目の資格取得講座があります。

マイクロソフトオフィススペシャリスト「エキスパートレベル」:一般レベルで要求されるソフトの基本的な機能を十分理解した上で、用途や目的に応じて、環境設定・デ-タの有効活用等の高度な機能を駆使した作業を行うことができる。

マイクロソフトオフィスのバージョン2013にてワード・エクセルの2科目2段階(パートⅠ・パートⅡ)の資格取得講座があります。 資格取得講座詳細

日本商工会議所(日商)パソコン検定とは

文書作成とは:「パソコンやワープロ、ワープロソフトなどを使いこなす操作技術や知識、日本語の文書(主にビジネス文書)を作成したり、起案したりする能力や知識、ビジネス実務の知識などを身につけているかを判定する」検定試験です。単に、機器を操作する技術を判定するものではなく、簡潔で説得力のある質の高い文書の作成能力を試す試験です。

データ活用とは:これからのビジネス社会では、専門的にプログラムを組んだり、システムを設計するといった技術的な専門家とは別に、社会人の基礎能力として、社員一人ひとりがパソコンや各種のソフトウェアなどを十分に活用する能力が不可欠となっています。 そこで、日本商工会議所では、パソコンなどの情報機器やソフトウェアを活用して、事務の効率化・合理化を図るとともに、さらには、経営上や日常業務における問題解決や意思決定につながる能力を開発・育成することを目的として、「ビジネスコンピューティング検定試験」を実施しています。

文書作成3級:メモ書き原稿を手渡すと、ワープロやパソコンを使って、ある程度のスピードで、美しい体裁のビジネス文書に仕上げる(清書)ことができる。修正の指示にも敏速に応えられる。

データ活用3級:簡単な指示によりパソコンを使って作表し与えられた材料にふさわしいグラフを作成できる。文書作成3級・データ活用3級と2科目の資格取得講座があります。

文書作成2級:速いスピードで入力できる。状況を説明し、文書の形式と盛り込むべき材料を与えると、指示の内容を読み取って、適切な内容のビジネス文書を作ることができる。

データ活用2級:社内の既存のデータ(売上、経理状況など)をもとに自分の判断で表作成、データベース処理などを行い、経営改善のための資料や企画書などを作れる。文書作成2級・データ活用2級と2科目の資格取得講座があります。 資格取得講座詳細

パソコン検定協会(PASS)P検定とは

パソコン検定協会の検定試験は、特定分野のソフトウェアや業種・業務を対象にしたものではなく一般的ビジネスシーンにおける全てのパソコンユーザーと学校で情報教育を学ぶ全ての学生を対象として、総合的なIT活用スキルを評価し、資格認定するものです。

P検の「P」はICTプロフィシエンシーのPです。職場では、「ICTを活用した問題解決力」を求めています。

試験では特別な機器を操作する技術を判定するのではなく簡素で説得力のある質の高い文章やデータなどを作成する能力を試す試験です。パソコンスクール PCアカデミーオーシャン小田原校はパソコン検定(P検)試験実施認定校ですので、申し込みから受験までの全てが教室において行えます。

4級は基礎的な知識スキル 3級は入社時に要求されるスキル 準2級はビジネスシーンで求められるスキルを評価されます。

タイピング・知識・実技(ワープロ・表計算)のICT活用スキルを評価する試験です。4級・3級・準2級の資格取得講座があります。 資格取得講座詳細

コンピュータ技能評価試験とは

コンピュータサービス技能評価試験は、教育訓練施設や事業所において、コンピュータの操作方法を学習した方々やコンピュータを活用した各種のサービスを行う方々を対象に、その操作能力を評価する試験です。コンピュータサービス技能評価試験は、「ワープロ部門」・「表計算部門」・「データベース部門」・「オフィスドキュメント部門」、さらに平成20年に創設されたばかりの「情報セキュリティ部門」に分かれています。情報セキュリティ部門は「情報セキュリティ」関連において身近な内容で、基本的な知識を評価できる公的資格となっています。

この試験は、コンピュータ操作技能習得意欲の増進をはじめ、一定のコンピュータ操作能力を有する方々に対して社会一般の評価を高めるとともに、コンピュータ操作に従事する方々の社会的、経済的地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法(昭和44年法律第64号)に基づいて設立された中央職業能力開発協会と各都道府県職業能力開発協会が共同で、1983年(昭和58年)から実施しています。また、当校パソコンスクールPCアカデミーオーシャンはコンピュータサービス技能評価試験実施認定校ですので、当教室において受験が行えます。

コンピュータサービス技能評価試験は、「ワープロ部門」・「表計算部門」・「データベース部門」・「オフィスドキュメント部門」ワープロはワード・表計算はエクセル・データベースはアクセス・オフィスドキュメントはパワーポイントで4科目のカリキュラムを用意しています。

「ダブルJ」という認識「組織資産としての情報」に対する「セキュリティ」とは何か、また、「個人として扱う情報」の「重要性」について、一人ひとりが「J(自覚)」して「J(実行)」することが、今後ますます求められてきます。

「情報セキュリティ部門」は、「一般社員」「就職を控えた在学生」の方々を対象に、ビジネスユースやパーソナルユースを主なカテゴリーとし、パソコン操作と周辺庶務に関するセキュリティ対策についての知識を問う試験です。 資格取得講座詳細

サーティファイ認定資格とは

”できること”を評価する資格

ビジネスで役立つ知識と技術の習得を目的とした資格検定試験。8割以上の受験者の皆様が“実務的な試験である”と評価しています。

WEBクリエイター「初級・上級」イラストレータークリエイター「スタンダードレベル」フォトショップクリエイター「スタンダードレベル」の資格取得講座があります。 資格取得講座詳細

Copyright(c) 2016 PC Academy OCEAN Inc. All Rights Reserved. https://www.pc-ocean-jp.com