パソコン教室 PCアカデミーオーシャン 神奈川県 小田原市 開成町 日本商工会議所(日商)パソコン検定 文書作成 データ活用

就職・転職・職業にパソコンスキルアップ

パソコンスクールPCアカデミーオーシャンは
受講生のパソコンスキルアップと各種資格取得を応援します。

日本商工会議所(日商)パソコン検定とは

文書作成とは:「パソコンやワープロ、ワープロソフトなどを使いこなす操作技術や知識、日本語の文書(主にビジネス文書)を作成したり、起案したりする能力や知識、ビジネス実務の知識などを身につけているかを判定する」検定試験です。単に、機器を操作する技術を判定するものではなく、簡潔で説得力のある質の高い文書の作成能力を試す試験です。

データ活用とは:これからのビジネス社会では、専門的にプログラムを組んだり、システムを設計するといった技術的な専門家とは別に、社会人の基礎能力として、社員一人ひとりがパソコンや各種のソフトウェアなどを十分に活用する能力が不可欠となっています。 そこで、日本商工会議所では、パソコンなどの情報機器やソフトウェアを活用して、事務の効率化・合理化を図るとともに、さらには、経営上や日常業務における問題解決や意思決定につながる能力を開発・育成することを目的として、「ビジネスコンピューティング検定試験」を実施しています。

日商パソコン検定「3級」

パソコンスクール PCアカデミーオーシャン 日本商工会議所「日商」文書作成3級・データ活用3級

文書作成3級:メモ書き原稿を手渡すと、ワープロやパソコンを使って、ある程度のスピードで、美しい体裁のビジネス文書に仕上げる(清書)ことができる。修正の指示にも敏速に応えられる。

データ活用3級:簡単な指示によりパソコンを使って作表し与えられた材料にふさわしいグラフを作成できる。

パソコンスクール PCアカデミーオーシャン 日本商工会議所「日商」文書作成3級・データ活用3級

日商パソコン検定「2級」

パソコン教室 PCアカデミーオーシャン 日本商工会議所「日商」文書作成2級・データ活用2級

文書作成2級:速いスピードで入力できる。状況を説明し、文書の形式と盛り込むべき材料を与えると、指示の内容を読み取って、適切な内容のビジネス文書を作ることができる。

データ活用2級:社内の既存のデータ(売上、経理状況など)をもとに自分の判断で表作成、データベース処理などを行い、経営改善のための資料や企画書などを作れる。

パソコンスクール PCアカデミーオーシャン 日本商工会議所「日商」文書作成2級・データ活用2級

OCEANスタッフの一言

パソコン教室 PCアカデミーオーシャン 日本商工会議所「日商」文書作成2級3級・データ活用2級3級

最近は書類選考を行った後に面接をするという企業が殆どです。OFFICE系ソフトの操作スキルだけではなく文書を起こすスキルやデータを集計活用する能力など求められます。そのような場面に対応できるノウハウを身に付けるには日本商工会議所のパソコン検定です。あなたの目標をどうするかによって選択は変わってきます。私たちインストラクターにご相談をして下さい。

Copyright(c) 2016 PC Academy OCEAN Inc. All Rights Reserved. https://www.pc-ocean-jp.com